消費者金融

プロミスの即日融資申し込み方法とは?プロミスで即日お金借りる3つのポイント

プロミスで即日融資してもらう方法について詳しくお伝えします。プロミスの公式サイトを見ると、「Webなら最短1時間融資も可能!」と記載されています。

Web申し込みであればカードレスでお金を借りることができますから、自動契約機に行く無駄な時間を省くことができます。

しかしネットで口コミを見ていると、審査に落ちてしまったり、翌日に融資を持ち越されたりしている人がいます。

どのようにすればプロミスで即日融資してもらえるのか詳しくお伝えします。

プロミスで即日融資してもらう申し込み方法なんてあるの?

プロミスでは即日融資が可能ですが、Web申し込みだけではなく、さまざまな方法によって即日融資してもらうことができます。

ここではプロミスで即日融資してもらう申し込み方法について詳しくお伝えします。

即日融資してもらうための申し込み方法は

申し込み方法 申し込みの特徴 対応時間
Web申込 インターネットから24時間申し込みが可能。 24時間365日
電話申込 プロミスコール(フリーコール)に連絡する。 9:00~21:00
自動契約機(無人契約機) 全国に設置されている自動契約機で申し込みを行う。 9:00~21:00
※契約機により営業時間が異なる
三井住友銀行(SMBC)ATM 三井住友銀行(SMBC)に設置されているローン契約機で申し込みを行う。 9:00~21:00

※店舗により営業時間が異なる
※ATMの営業時間とは異なるために注意必要

店舗 店頭窓口にて申し込みを行う。 10:00~18:00

※土日祝休
※店舗により営業時間が異なる

申込方法は以上の5種類となりますが、どの方法においても即日融資は可能です。Web申し込みであれば、最短で融資を受けることが可能です。

ローンカードを受け取ることなくスマホアプリで、セブン銀行ATMなどを活用してお金を借りることができますからとても便利です。

後ほど詳しくお伝えしますが、「瞬フリ」を利用すれば即日融資を受けることもできます。ただし審査についてはどの申込方法においても同じ審査内容となっています。

Web申し込みは融資までの時間が早いために、審査が甘いと勘違いしている人がいますが決してそうではありません。

自動契約機でも即日融資できる?

全国に設置されている自動契約機においても即日融資が可能です。審査時間はWeb申し込みと変わりませんが、店舗に向かう時間が必要となります。

そのためWebお申し込みをして、ローンカードの受け取りを選択しておけば、自動契約機に向かう間に、審査を済ますことができます。

しかもプロミスの自動契約機は、他の大手消費者金融の自動契約機と比べて、1時間長い営業時間となっています(一部店舗を除く)。

手数料ゼロ円で使えますから、ローンカードを所有しておきたい人にはおすすめです。

銀行にあるローン契約機でも即日融資ができる?

三井住友銀行(SMBC)に設置してあるローン契約機を活用すれば、プロミスに設置してある自動契約機と同じようにお金を借りることができます。おおむね営業時間は9時から21時までとなっています。

ただし銀行のATMの営業時間が違いますから注意が必要です。さらに銀行のATMしか設置していない店舗もありますから、必ず確認しておくようにしましょう。

土日でも即日融資はできる?

プロミスは土日祝日においても即日融資が可能です。しかも三井住友銀行(SMBC)やジャパンネット銀行などの口座を所有している人であれば、即日振込にも対応しています。

ただし土日祝日で申し込みを行う場合、職場への在籍確認ができるかどうかだけ注意が必要です。審査には必ず在籍確認がありますから、職場が休業の場合、在籍確認することができなくなってしまいます。

プロミスで即日融資を受けるための3つのポイントを押さえよう

  1. プロミスで即日融資を受けれる時間
  2. プロミスで即日融資を受けるために欠かせない審査内容
  3. プロミスで即日融資までの最低時間

プロミスで即日融資を受けるためには、上記の三つのポイントを押さえておかねばなりません。ネットの口コミなどで即日融資を受けれなかった人は、概ねこの3つのポイントに外れていることが分かりました。

プロミスで即日融資を受けれる時間は?

申し込み方法 審査対応時間
Web申込 9:00~21:00
電話申し込み 9:00~21:00
自動契約機(無人契約機) 9:00~21:00
三井住友銀行(SMBC)ATM 9:00~21:00
店舗 10:00~18:00

上記の表に記載した通りで、最大で21時まで。つまり申し込みからお金を借りるまで最短1時間ということであれば、20時までには申し込みを行っていなければならないことになります。

プロミスの公式サイトを見ると、24時間365日いつでも申し込みができ、最短30分で審査回答し、最短10秒でお金を借り入れすることができると記載されています。

またWeb申し込みだと、申し込みから最短で1時間でお金を借りることができるとも書かれています。

この情報を見ると勘違いしてしまうのですが、24時間365日いつ申し込んでも1時間程度でお金を借りれるような気になってしまいます。しかし当然ながら審査自体は人の手によって行われていますので、その対応時間が決まっています。

審査内容や混雑の状況によっては長引いてしまうことがありますので、余裕を持って申し込んでおくことが大事です。

プロミスで即日融資を受けるために欠かせない審査内容

プロミスだけではありませんが、お金を借りるということは「信用」がとても大事になってきます。

あなた自身が信用されなければお金を借りることはできませんが、信用されるためにはどのようなポイントで審査をしているのか把握しておかねばなりません。

大雑把に言えば次の2件。

  1. あなたは誰なのか。
  2. あなたはお金を返すことができるのか。

つまりあなたの身元をしっかりと明かすことができて、お金を返すことができる収入状況であることを確認することができれば、お金を借りれるのです。

これを証明することができるのは、必要書類を必ず提出するということと、あなた自身が嘘をつかないということになります。

プロミスで即日融資までの最低時間は?

公式サイトではWeb申し込みだと最短1時間で融資可能と記載されています。まずはこの時間が基本原則だと理解しておく必要があります。

ただし、申し込みや書類の不備などがあって確認事項が発生したような場合や審査に大変混雑していてなかなかあなたの順番が回ってこない場合などに、通常の審査時間よりも長くなってしまうことは当然ながら発生します。

特に仕事の休み時間である昼12時あたりや、終業後の17時以降あたりに審査は混雑してきます。できる限りその時間を避けて申し込むことがいいでしょう。

プロミスで即日振込してもらう2つのポイント

プロミスでは即日融資はもちろんのこと、自分自身の口座に即日振込してもらうことも可能です。

即日振込みしてもらえれば、後はコンビニのATMなのでそのお金を引き下ろすだけですからとても便利ですよね。ただし即日振込してもらうには次の2つのポイントが重要になってきます。

①プロミスで即日融資できる「瞬フリ」ってなに?

プロミスのサービスに「瞬フリ」という、土日祝日関係なく24時間最短10秒で振り込みを完了させるというものがあります。「瞬フリ」を利用して即日振込してもらうためには、まず三井住友銀行やジャパンネット銀行など指定の銀行を所有しておかねばなりません。

また「24時間最短10秒で振り込む」とは記載されていますが、いつ申し込んでも10秒で振り込んでもらえるわけではありません。

先ほどの章でもご説明した通り、プロミス独自の審査を受けなければお金を借りることはできません。つまり21時までの審査対応時間に審査を完了させて、契約を済ませた後に最短10秒で振込を行ってもらえるということなのです。

またプロミスではメンテナンスなどで振込を行っていない時間があったり、 三井住友銀行やジャパンネット銀行のサービス停止期間にはお金を借りることができません。注意しておくようにしましょう。

②一般の銀行口座なら何時までに申し込めばいい?

指定銀行以外でも即日振込してもらうことは可能です。ただしみなさんもご存知の通り、銀行の営業時間が終わってしまうと、振り込みをされたとしてもその銀行で受け取ることができず、翌営業日に回されてしまいます。

そのように考えると、一般の銀行口座であれば午後2時までには契約を終了しておかねばなりません。つまり最短でも午後1時に申し込みをしなければ、即日振込を受けれない計算になります。

プロミスで即日融資を受けるための条件

プロミスは他の大手消費者金融と同様に、厳しい審査を通過しなければなりません。とはいえ基本的には冒頭からお伝えしている通り、プロミスから「信用」を得られればお金を借りることができます。

最低でも次の条件を満たしておかないと、プロミスだけではなく他の大手消費者金融においてもお金を借りることはできません。必ずチェックしておくようにしてください。

必要書類は事前に用意しておくと審査がスムーズ

プロミスのWeb申込みならスムーズであるとはいえ、申し込む前に必ず必要書類をそろえておくようにしてください。

申し込みの手順のなかで、「健康保険証」+「1点(例:住民票)」や、パスポートなどといった「個人確認書類」と、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などといった「収入証明書」が必要になります。

個人確認書類においては、運転免許証などに記載されている住所と現住所が違う場合には、現住所を確認することができる公共料金の領収書なども揃えておかねばなりません。

またプロミスにおいては、収入証明書は50万円を超える場合や他社からの借入額が多い場合だけと言われていますが、気になる人は念のために揃えておくようにしましょう。

在籍確認できる時間に申し込む

プロミスでは必ず職場に対する在籍確認が行われます。職場に連絡されるのが嫌だからと、変な言い逃れをしようとする人がいます。しかしプロミスと名乗らずに個人名で連絡するだけですから、それほど嫌がらずに素直に受ける方が賢明です。

もし夕方以降や土日祝日など、職場が休みの時に申し込みをしてしまうと、在籍確認が出来ずに審査が完了しないことがあります。必ず職場に連絡がつく時間に申し込むようにしてください。

場合によっては在籍確認がなしにできることもあるようですが、申し込み条件を十分満たしており、あと在籍確認だけ審査完了する場合や、個人情報保護がかなり厳しい会社などで在籍確認が出来ないような状況である場合だけのようです。

条件を十分満たしているとは、公務員であったり大手企業に勤めているような場合だけです。在籍確認なしにするのはかなりハードルが高いといえるでしょう。

余裕を持って申し込むようにする

全てにおいて余裕を持って申し込むようにしなければなりません。冒頭から申し上げている審査回答時間に間に合うかどうかということはもちろんのこと、希望する金額においても限度額いっぱい借りようとするのではなく、必要な金額だけにとどめておくようにするのです

プロミスでお金を借りるにあたって、そのお金をどのように使うのか必ず聞かれます。お金に全く余裕がない状況だと判断されてしまえば、それだけでも審査に通らないことがあるのです。

審査に落ちないポイントを掴んでおく

審査に通るために信用が大事であることはお伝えしましたが、申込みから契約が終わるまでの一連の流れのなかで審査に落ちないポイントを掴んでおくようにしましょう。

特に多いのが、

  • 必要書類の不備
  • 申し込み内容の不備
  • 本人確認の電話に出れない
  • 在籍確認の電話に出れない

というものです。

この中で本人確認の電話については、職場に電話連絡される在籍確認ではなく、本人の携帯電話などにプロミスから直接連絡が入るものです。

これは基本的なもので、審査に入る前に必ずあるものです。つまりこの電話を取らなければ、審査を始めることができないのです。

申し込みを行った後は必ず連絡が入ると考えておいて、素早く連絡を取れるようにしておきましょう。

まとめ

プロミスの即日融資を受けるための申し込み方法についてお伝えしました。

  1. プロミスで即日融資を受けれる時間
  2. プロミスで即日融資を受けるために欠かせない審査内容
  3. プロミスで即日融資までの最低時間

この3つのポイントを押さえておかねばなりません。

プロミスでは条件さえ満たしていれば、必ず即日融資を受けることができます。また即日融資だけではなく、即日振込してもらうことも可能なのです。

即日融資を受けるための条件を確認して、余裕を持って申し込むようにしてください。